淋菌感染症とは

230件の求人が登録中!

  • 出稼ぎ風俗求人|出稼ぎドットコム
広島県の専門のNo1求人サイト!!
地域密着の求人情報が満載!!
求人掲載はコチラ

広島風俗求人ドットコムにログイン

クローズ

ID、パスワードと入力内容が一致しないためログインできません。

ログイン

  1.  > 
  2.  > 
  3. 淋菌感染症とは

淋菌感染症とは

健康

淋菌感染症とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康

性病のひとつ、淋菌感染症(りんきんかんせんしょう)の感染経路や症状、検査の内容をご紹介します。

淋菌感染症はあらゆる性行為で感染し、クラミジアに続いて感染者が多い性病です。
風俗業界ではオーラルセックス(フェラチオ)などで性器から咽頭(のど)への感染が増加しています。
淋菌感染症には1回のセックスで30%の感染率があり、20%〜30%の人が同時にクラミジアも発症している可能性があります。

症状は男女ともに感染した日から2〜7日で出始めます。
女性の場合は子宮頸管炎になります。
おりものが増加し、不正出血、下腹部痛、性交時の痛みといった症状がでます。
しかし、症状が出ない場合が多く、ほとんどの女性が感染に気づきません。

男性の場合は尿道に感染して尿道炎や精巣上体炎になります。
尿道から粘り気のある白っぽい色の膿が出たり、激しい痛みが伴う排尿通、かゆみや不快感、腫れ、発熱などの症状が現れます。

検査はほかの性病と一緒で感染したとされる日から2〜3日経っていればできます。
女性は婦人科、性病科、男性は泌尿器科、性病科を、咽頭感染の場合は耳鼻咽喉科を受診してください。
耳鼻咽頭科は、性病検査に対応していないところもあるので、受診する前に確認するといいでしょう。
検査の方法は女性は子宮頸管からの分泌物を、男性は出始めの尿(初尿)を採取します。
咽頭の場合はうがい液やぬぐい液などを使って検査します。

感染していると診断されたら1〜7日間、筋肉注射や静脈注射など、症状に応じた注射をしていきます。
抗生剤投与してから3日以上経ったことに再度検査を受け、菌が発見されなければ完治です。
再度見つかった場合は、引き続き治療続行です。
長引かせないためにも、治療に専念しましょう。

性病対策にはコンドームの使用が一番ですが、風俗の場合はそうはいきません。
ソープランドの場合はゴムなしでの本番行為がありますし、デリヘルやヘルス、ピンサロもオーラルセックスをするので、性病に感染するリスクは高まります。
現在は、性病対策に力を入れている店舗が増えていて、定期的に性病検査を行ったり、コンドーム着用を義務づける店が増えてきはいます。
淋菌感染症にかかったまま放置することは危険であり、稼ぐどこ路の話ではなくなってしまいます。
女性は感染したまま放置しておくと、卵管炎、骨盤腹膜炎をおこし、子宮外妊娠や不妊症になる原因となりますので、絶対に放置しないようにしてください。
万が一感染してしまっても、早期発見をして、治療、完治させることが大切です。
自分の身を守るためにも、定期的に性病検査は必ず受けるようにしましょう。