風俗嬢もインフルエンザ予防接種を!

218件の求人が登録中!

  • 出稼ぎ風俗求人|出稼ぎドットコム
広島県の専門のNo1求人サイト!!
地域密着の求人情報が満載!!
求人掲載はコチラ

広島風俗求人ドットコムにログイン

クローズ

ID、パスワードと入力内容が一致しないためログインできません。

ログイン

  1.  > 
  2.  > 
  3. 風俗嬢もインフルエンザ予防接種を!

風俗嬢もインフルエンザ予防接種を!

健康

風俗嬢もインフルエンザ予防接種を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康

今年もインフルエンザが流行する季節となりました。
風俗嬢にも忍び寄るインフルエンザ。

インフルエンザにかかってしまうと、高熱となり場合によっては重症化してしまうケースになるため、気を付けなければいけません。本日は、今年の特徴や予防法などについて、詳しくお伝えしたいと思います。


★2015年インフルエンザの特徴

風俗嬢のお仕事は、不特定多数の人と接触しなければいけません。 だから、インフルエンザには特に注意が必要になってきます。
今年は、早くも9月に茅ヶ崎市の小学校でインフルエンザによる学級閉鎖が確認されています。
高熱が主症状となりますが、長期の休養しなければいけません。

インフルエンザを予防する策として予防接種を多くの人が受けられています。
予防接種を受けたからといって、絶対にインフルエンザに罹らないというわけではありませんが、なりにくかったり、重症化せずに比較的軽い症状で済むのが予防接種の利点でもありますので、風俗嬢のみなさんも必ず受けるようにしましょう。

今年は、インフルエンザワクチンの世界に大きな変化があり、価格も例年よりも 値上がりすることなのでチェックが必要ですね。
今年のインフルエンザワクチンは、4価ワクチンが使われることが決定しており、10/1から予防接種を始めている医療機関が目立ちます。


★4価ワクチンとは??

インフルエンザの予防接種に使われるワクチンは、毎年違うことを風俗嬢の皆さんは
ご存じでしょうか?今年は、4価ワクチンが使われるとのことですが、4価ワクチンとは
どういうものなのでしょうか?

まず、今までのインフルエンザの予防接種に注目してみましょう。
今までのインフルエンザの予防接種は「3価ワクチン」と呼ばれるものでした。
3価とは、3種類のインフルエンザウイルスに対しての免疫を獲得できるという意味です。
その3種類位のウイルスとは、A型2種類とB型1種類でした。

インフルエンザ3価ワクチンでは、B型はどちらかひとつしか入れることができませんでした。
これはワクチンなどを作るとき、良い品質を保つための基準「生物学的製剤基準」によって、インフルエンザワクチンを3種類までしか入れることができなかったため。 そこで、3価ワクチンでは「今シーズン流行するB型はどちらか」を予測。

毎年流行性が強いA型2種類に加え、流行ると予測したB型1種類のワクチンを取り入れてきたのです。
これまでは同時に流行することはほとんどなかったB型のインフルエンザウイルス。
しかし近年、B型インフルエンザの混合流行が世界的に広がりをみせるようになり、B型両方の免疫を獲得できるワクチンを求める声が高まりました。
これがインフルエンザの4価ワクチンが生まれた理由です。

つまり4価ワクチンとは、A型2種類に加え、B型も2種類加えたインフルエンザワクチンと
なります。
世界保健機構(WHO)では、2013年シーズンから4価ワクチンの移行に向け、B型インフルエンザ両方のワクチン株を推奨しています。また、アメリカでは2013-2014年のシーズンから4価ワクチンを導入。A型、B型ともにインフルエンザを予防する効果を発揮しています。


★4価ワクチンの料金は、これまでの約1.5倍!

風俗嬢もびっくり!ワクチンの値上がりは、家庭を圧迫してしまいますよね。
ただ、新しいインフルエンザの予防接種・4価ワクチンが、これまで以上に幅広く効果を
発揮することを考えると致し方ありません。

多くのウイルスの免疫を獲得するということは、それだけ製造するための費用もかかる
ということ。そのため、これまでのインフルエンザワクチンと比較して、約1.5倍の料金
になるとされています。
インフルエンザの予防接種は自由診療にあたるので、料金は医療機関によって異なりますが、
相場は税込みで3.500~4.500円です。詳細に関しては、予防接種を受ける医療機関へ
お問い合わせください。


★インフルエンザ予防接種の時期は流行前の11月中がベスト!

インフルエンザのワクチンは、予防接種を受けてから効果があらわれるまで
約2~4週間かかります。なお、インフルエンザの感染が広がるのは12月の下旬です。
これらのことを踏まえると、遅くても流行前の12月中旬までには接種していることが
求められるでしょう。
また、状況によってはワクチンが不足する可能性があります。そのため、できれば
11月中に接種を済ませると良いでしょう。ワクチンの効果は3〜4ヶ月持続するといわれて
います。


★インフルエンザワクチン4価の副作用(副反応)は?

インフルエンザの予防接種といえば、副作用(副反応)が気になるという風俗嬢も多いの
ではないでしょうか。ましてや、3価から4価と含まれるワクチンの種類が増えた分、
副作用も出やすいと考える方もいらっしゃるかもしれません。
現段階では4価ワクチンに変わったことで副作用が増えたという傾向は、明確には見られません。

こればかりは、個人差によって大きく異なるという見方が主流です。
インフルエンザの予防接種でみられる副作用(副反応)は10~20%に起こります。
主な症状は以下の通り。

・赤く腫れる
・熱をもつ
・痛みを感じる
・硬くなる

これらの副作用は、通常2~3日で治まるとされています。
熱を感じても解熱剤は使用せず、濡れたタオルで体を冷やしたり水分補給を行うことで
対処するようにしましょう。強い副作用を感じたり、体調の変化が見られた場合は、
必ず医師の診察を受けてください。
予防接種は、6ヶ月~13歳未満の場合は2回接種を受けます。
13歳以上の場合は、通常1回です。子どもがいる風俗嬢の方は、忘れないように。

今回、風俗嬢の皆さんも正しいインフルエンザの知識を学んだと思います。
正しい知識を持って、今年の冬も快適にお過ごしくださいね。